105③

 LE KLINTより有名デザイナーによる照明「モデル 105」が登場

UP DATA:2020/04/20

デンマークを代表する照明ブランドのLE KLINT(レ・クリント)よりペンダントライト「モデル 105」が日本に初上陸します。 

1945年、家具デザイナーとして世界的に知られるモーエンス・コッホによりデザインされ、
デンマークでは隠れた名作照明の地位を築いているモデル105。ロングセラーの商品として多くのデンマーク家庭で使われています。 

105①Picture 008105②

洗練されたシンプルな縦長のオーバルの形は、空間の表情を和らげ日々の生活を照らしてくれます。
また、どことなく日本の提灯を連想させるのは当時多くのデザイナーが日本文化に影響を受けていたからと言われています…

【商品詳細】
製品名:モデル105 サイズ:Φ260mm/H330mm 重量:約 0.5kg スペック:E26/LED100W 価格:¥58,000 ※4月下旬発売予定

・Mogens Koch(モーエンス・コッホ)
デンマークの建築家兼家具デザイナー。1950年~1968年までデンマーク王立芸術アカデミーの教授として就任。
数学的な要素を追求、辛抱強い研究心と分析力で時代を感じさせない普遍的な家具を多く生み出し、後世にも影響を与えています。
 

《 デンマークらしいヒュッゲな時間を、日本で
自然の光が少ない季節を家の中で楽しく過ごすため、照明とインテリアにとてもこだわる北欧の人々。
デンマークの家庭は1 灯で部屋の隅々まで照らす文化ではなく、テーブルランプやフロアランプといった照明
キャンドルを組み合わせ日々の生活を楽しんでいます。それにより「Hygge(ヒュッゲ)」と呼ばれる
人と人との触れ合いや人と物が馴染んだ時生まれる心地よい時間や雰囲気が生まれると考えられています。

【過去の記事】

・『LE KLINT(レ・クリント)』新商品ご案内(2015/9/14)